Category Archives: 未分類

花粉症と予防する方法

花粉症は過敏に分類される疾患の一つで、植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことです。枯草熱とも言われます。
花粉症は春先に大量に飛散するスギの花粉が原因で、ヒノキ科、ブタクサ、マツ、イネ科、ヨモギなど他の植物の花粉による過敏を持つ人が多くいます。患者が空中に飛散している植物の花粉と接触した結果、後天的に免疫を獲得し、その後再び花粉に接触することで過剰な免疫反応です。花粉症の患者では、原因植物の花粉に対するIgE(免疫グロブリンE)量が多いことは明らかで、これが過敏を起こす直接の原因です。しかし、花粉症の原因となる花粉と接触しても全ての人が花粉症になるわけではなく、IgEが多くても発症しない人がいます。またIgEの量と重症度とは必ずしも相関しません。なぜこうしたことがあるかについては、遺伝要因や環境要因などさまざまな要因の関与が考えられています。
花粉症を予防する方法があります。外出時にマスクを着用したほうがいいです。マスクは隙間を作らないことが肝要で、スギ花粉症のシーズン特有の乾燥や低温から鼻粘膜を保護します。室内に浮遊している花粉を除去するために、空気清浄機は風量の豊富なものを選択し、花粉が落下する前に吸い取ることを考えるべきです。そして、加湿器が必要です。浮遊している花粉を湿らせて重くし、落下を早めるために有効とされます。

花粉症によって原因となる食材が違う

口腔過敏性症候群は、過敏性反応を持つ花粉の構造と同じ構造を持つ果物や野菜を摂取することで発症すると言われています。特に花粉症を持っている人は注意が必要です。花粉症別に摂取に注意したい食材をまとめました。ただこれらの果物・野菜等をすべて避けなければならないということではありません。

また、過敏性の多くは新鮮な果物・野菜によって引き起こされると言われています。一部の食品では80度~90度に加熱することで摂取できるようになるものもあるので、専門医に確認することをおすすめします。ただナッツ類はあてはまらないので、加熱している場合でも食べないようにしましょう。

カバノキ花粉

カバノキ花粉やブナ花粉に過敏性がある人が果物や野菜を摂取する時には特に気をつけましょう。口腔過敏性を発症しやすい代表的な食材としては、バラ科のモモ、モモ、リンゴ、ナシ、イチゴや、ウリ科のメロン、スイカ、キュウリなど。ほかにも、キウイやバナナ、トマトなどでも発症する場合があります。さらに、果物や野菜だけでなく、ヘーゼルナッツやアーモンド、ひまわりの種などにも注意が必要です。ナッツ類や種子類は、クッキーやパウンドケーキなどに混ざっていることが多いので、購入する時は良く確認するようにしましょう。

また、カバノキ花粉症の人は豆乳にも注意が必要です。美容や健康に良いとされる豆乳ですが、実は、花粉症の人が豆乳を摂取して過敏性反応が出たという報告が国民生活センターに寄せられています。過敏性症状は同じ大豆製品である豆腐などでは発症していない場合も多く、これは口腔過敏性が新鮮な物質にのみ発症するからだと考えられています。豆乳は加工の程度が低いので、ほかの大豆製品で過敏性が出なくても、豆乳のみに症状がでることがあります。豆乳製品の表示には「大豆過敏性の方は注意してください」と表記してありますが、カバノキ花粉症の方も摂取に気を付けた方が良いでしょう。

 

口腔過敏性症候群の病状と花粉症の区別

花粉症の人に多く見られる

口腔過敏性症候群の病状は、花粉症の患者さんに多くみられます。なぜ花粉症の患者さんに口腔過敏性症候群が多いかというと、花粉と、野菜や果物のアレルゲン構造に共通項が見られるためなのです。すでに花粉症を発症している人はアレルゲン構造が共通する野菜や果物の服用を控えた方が良いでしょう。

お口腔過敏性症候群は大人だけでなく、まだ花粉症を発症していない子どもに起こる場合もあります。特に過敏性の原因となるフルーツや野菜などを過剰に服用した場合リスクが高まると言われているので、注意が必要です。

シラカバ、オオヤシャブシ、ブナ、スギ花粉症は注意

口腔過敏性病状を発症しやすいのは、シラカバ花粉症です。シラカバとは北海道などでみられる、幹が白い樹木のことを指します。過敏性病状が起きるのは、シラカバ花粉に含まれている過敏性の原因となる物質の構造が、口腔過敏性症候群を引き起こすものと似ていることが理由とされています。

そのためシラカバと同じ科に分類されるものでも、口腔過敏性症候群が起きる可能性があります。例えば関西ではオオバヤシャブシ、関東ではブナ科の樹木、それ以外にスギ花粉症の人にも口腔過敏性病状が出ることがあると言われています。