花粉症状を引き起こす植物が分かる?

花粉症というとスギ・ヒノキ花粉のイメージが強いものの、夏や秋の植物で鼻炎の症状が出る例も多く、最近は「通年病」とも言われつつあります。

しかし、夏や秋の花粉症を知らない人も多く、「花粉症シーズンじゃない」という思い込みから、風邪と判断し、何の対策も講じていない人もいるようです。もしかしたら、そのつらい鼻炎はスギ・ヒノキ以外の花粉による症状なのかもしれません。

代表的なスギ花粉・ヒノキ花粉・ブタクサ花粉以外にも、つらい鼻水や鼻づまりなど、花粉症の症状を引き起こす植物はたくさんあります。スギ(飛散時期は2−4月)、ヒノキ(飛散時期は3−5月)、ブタクサ(飛散時期は8−10月)以外にも、シラカンバ(4−6月)、イネ(4−8月)、ヨモギ(8−10月)など、ほぼ年間通して何らかの花粉が日本中で飛散しています。

花粉症のピークは、一般的に2~4月と思われていますが、意外と量も種類も多いのが5月。実はまだまだ花粉症のピークは続いているのです。気を抜かず、しっかりと予防をしていきましょう。

・スギ花粉

飛散時期は2-4月。飛散量が多く、日本で最も多い花粉症の原因。飛散距離が長く、ごくわずかな飛散量の北海道・沖縄を除き、全国で発症。鼻アレルギーのほか、目、のど、皮膚の症状も。

・ヒノキ花粉

飛散時期はスギより少し遅れて、3-5月。スギと同じく飛散距離が長く、広範囲で発症。スギ花粉症と合わせてヒノキ花粉症を持っている人も多く、その場合は重症化しやすい。症状もスギ花粉症と同様。

・ブタクサ花粉

飛散時期は8-10月。日本ではスギ、ヒノキに次いで多い花粉症。背が低い草花で、飛散距離が短いため、近づかなければ避けられる。鼻、目の症状のほか、喘息の原因にも。

よく知られているスギ、ヒノキ、ブタクサの他にも、様々な花粉が一年中、飛散しています。

飛散時期や花粉の種類は地域によって異なります。ご自分の住んでいる地域の花粉状況をカレンダーでチェックして、しっかり対策を行いましょう。