花粉症の症状と対処法について

花粉症とは吸入性アレルゲンによるI型アレルギー反応が関係し、くしゃみ、水性鼻漏、鼻閉を代表の特徴として、鼻アレルギーあるいはアレルギー性鼻炎と呼んでいます。本文は花粉症の症状と花粉症の対処法についての情報をご紹介します。

花粉症の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみとされ、一般に花粉症の4大症状と呼ばれています。

くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状であり、花粉の飛散期に一致して花粉症の症状がおこるため、季節性アレルギー性鼻炎に分類され、その代表的なものとなっています。

広義には花粉によるアレルギー症状全てを指すこともあるが、一般的には上記のように鼻および目症状を主訴とするものを指します。狭義には鼻症状のみを指し、目症状は結膜花粉症、皮膚症状は花粉症皮膚炎または花粉皮膚炎、喘息の症状は花粉喘息、喉の不快感などの症状はアレルギー性咽喉頭炎などと別に呼ぶことがあります。

花粉症の対処法は主に薬を飲むことです。

内服薬には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因となるヒスタミンを抑える成分が入っています。鼻、目、のどなどそれぞれに働いて、花粉症のつらい症状をやわらげます。内服薬には、効きめが長く持続するように工夫された薬として花粉症の対処法の一つです。

点鼻薬は鼻水、鼻づまりを速やかにとめることができます。また、鼻の粘膜の充血や腫れを抑え、鼻のとおりをよくします。点鼻薬は、眠気をもよおすことが少ないという利点もあります。

目薬は目のかゆみや充血をやわらげます。