花粉症の原因について

花粉症は日本でよく見られている疾患です。花粉症は春、夏、秋に発症します。人々にとって、非常に悩んでいます。本文は花粉症の原因についてご紹介します。

花粉症の原因は、患者が空中に飛散している植物の花粉と接触した結果、後天的に免疫を獲得し、その後再び花粉に接触することで過剰な免疫反応、すなわちアレルギー反応を起こすものです。アレルギーの中でも、IgE(免疫グロブリンE)と肥満細胞(マスト細胞)によるメカニズムが大きく関与する、即時型のI型アレルギーの代表的なものです。

その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こすも花粉症の原因になります。

花粉症の原因植物は大きく樹木と草花に分けられ、代表的植物はスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカバなどですが、日本の花粉症患者の約80%はスギ花粉が原因で発症しているといわれており、いずれの植物も風によって花粉が運ばれるという共通点があります。

杉林の面積は大きく、森林の18%、国土の12%に及んでいるため、必然的に花粉の飛散量が多く、スギ花粉症の原因となっています。スギ花粉が鼻腔内に侵入し、「抗原」と呼ばれるタンパク質が粘膜に浸透すると、異物を認識する細胞がリンパ球に情報を送り、「抗体」が作られます。